【子育てエコホーム支援事業】子育て・若者夫婦世帯の住宅取得や、住宅リフォームに使用できる補助金があります

子育て世帯や若者夫婦世帯の新築住宅の取得や、住宅のリフォームに活用できる「子育てエコホーム支援事業」の情報をご案内します。

子育て世帯(令和5年4月1日時点で18歳未満の子を有する世帯 ※令和6年3月末までに工事着手する場合においては、令和4年4月1日時点で18歳未満)

若者夫婦世帯(令和5年4月1日時点でいずれかが39歳以下の夫婦 ※令和6年3月末までに工事着手する場合においては、令和4年4月1日時点でいずれかが39歳以下)

令和5年11月2日以降に基礎工事より後の工程の工事に着手するもの。ただし、令和6年12月31日までに工事が一定以上の出来高に達した上で交付申請を行い、別途定める期間内に完了報告が可能なものに限る。

次の①②のいずれか、かつ③~⑤のすべてに該当すること

①長期優良住宅

②ZEH住宅

③住戸の延べ面積が50㎡以上240㎡以下

④土砂災害特別警戒区域、又は災害危険区域(急傾斜地崩壊危険区域又は地すべり防止区域と重複する区域に限る)に原則立地しないもの

⑤都市再生特別措置法第88条第5項の規定により、当該住宅に係る届出をした者が同条第3項の規定による勧告に従わなかった旨の公表がされていないもの

・長期優良住宅:100万円/戸

・ZEH住宅:80万円/戸

<市街化調整区域かつ、土砂災害警戒区域又は浸水想定区域に該当する場合> 

・長期優良住宅:50万円/戸

・ZEH住宅:40万円/戸

各事業者

※補助金は事業者から住宅取得者に全額が還元されます。

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日)

すべての世帯

令和5年11月2日以降に工事に着手するもの。ただし、令和6年12月31日までにすべての工事が完了した上で交付申請が可能なものに限る。

①~③いずれか必須、④~⑧任意

開口部の断熱改修(内窓設置、ガラス・ドア・外窓交換など)

外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

エコ住宅設備の設置(太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯器、蓄電池、節水型トイレの設置など)

子育て対応改修(ビルトイン食器洗機、浴室乾燥機、宅配ボックス、キッチン対面化など)

防災性向上改修(外窓・ドア交換など)

バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張、衝撃緩和畳の設置など)

空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

リフォーム瑕疵保険等への加入

<子育て世帯又は若者夫婦世帯>

・既存住宅を購入し、リフォームを行う場合:60万円

・長期優良住宅の認定を受ける場合:45万円

・上記以外のリフォーム:30万円

<その他の世帯>

・長期優良住宅の認定を受ける場合:30万円

・上記以外のリフォーム:20万円

各事業者

※補助金は事業者から住宅取得者に全額が還元されます。

令和6年3月中下旬~予算上限に達するまで(遅くとも令和6年12月31日)

ご希望の工事が事業に当てはまるかのご確認や、申請手続きは弊社にて行いますので新築・リフォームをご検討の際はお気軽にお問い合わせください。

【シェルターご連絡先】

フリーダイヤル▷ 0120-370-248

公式サイト(国土交通省)▽
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000243.html